山名の描く女性たちに、新しい輝きを。 New empowerment for women

SHARE

山名文夫は洗練された意匠力で、資生堂スタイルをつくりあげた、
日本の近代的な広告の先駆者でした。
彼が唐草とともに描いた女性像は、
かわいらしいだけでなく、
凛とした強さも同時に秘めています。
そしてその女性たちがいきいきと輝いているように見えるのです。
今回この絵の中にいる女性たちを、
立体の世界へいざなうという、
新しい魅力を引き出すことにチャレンジしてみました。
絵に入れたスリットから色の光がにじんで、
女性たちは色づき、
また一方では、きらめきがあふれだし、輝きを増しています。
大窓小窓のすべてから、彼女たちの魅力が放たれるように考えました。
今年 二十周年を迎える、
東京銀座資生堂ビルを飾るディスプレイとして、
山名へのオマージュであると同時に、
時を超えて 今の時代を生きる
すべての女性たちへのエンパワーメントとなればと、そう思っています。

大窓 山名文夫 原画
小窓 山名文夫 原画
Credits
Shiseido Creative Division
Executive Creative Director
信藤洋二
Art Director (大窓)
山本千絵子
Art Director (小窓)
黒谷優美
copy
近森未来
producer
高嶺祥子
SHARE
このページの先頭へ