SHARE

コロナ禍により幕を開けた2020年は、家で過ごすことの多い一年でした。それは同時に、家での暮らしや、多様な生活のあり方を見つめ直すきっかけにもなりました。

資生堂パーラー銀座本店のウインドウディスプレイ『HOME TREE』は、家で過ごすことをポジティブに捉え、さまざまな部屋の情景を集めることで、この一年を象徴的に扱っています。家の内側の多様性をボリュームの形状にまで表出させ、それらを積み重ねることで、ビルのような、都市のようなツリーが立ち上がります。

部屋の外は白く広がる雪景色をイメージし、純白の素材そのもので仕上げています。資生堂パーラーでも日々使われる梱包材から着想し、主な材料には発泡スチロールを使用。展示終了後は家を守る断熱材を含むさまざまな製品へとリサイクルされます。

外から見えるモニターには、ウィンドウを覗き込む自分の姿が映し出されます。ミニチュアの世界に入り込んだ感覚をお楽しみください。

展示期間: 2020年12月〜1月初旬(予定)

[@shiseido_parlour] #shiseidoparlour #hometree もぜひご覧ください。

Credits
Shiseido Creative Division
Executive Creative Director
信藤 洋二
Art Director / Designer
小林 恵理子
Producer
高嶺 祥子
SHARE
このページの先頭へ