インテグレート ラッシュフライングカール

SHARE

イメージモデルに託した、現代女性へのメッセージ

インテグレートは10~20代のお客さまに、その日の気分でお洋服を選ぶように、今の時代に合ったメーキャップを手の届きやすい価格で楽しんでもらうことを目指しているブランドです。2010年春から岸本セシルさんをイメージモデルに起用していますが、セシルさんは常にスタイルを自ら更新していく方なので、広告展開もシーズンごとにバージョンアップさせています。

今シーズンの「ラッシュフライングカール(フィルムタイプマスカラ)」のビジュアルのコンセプトは、「夏のセレブガール」。黒い水着をまとった強気な表情のセシルさんが、赤い♥がちりばめられたピンクの愛らしい空間のなかで巨大なマスカラを持って立っています。堂々と今を楽しみながら生きる現代の女性の姿をセシルさんに投影し、そんな女性たちに「もっとこのまつ毛で夏を楽しんでほしい!」という思いを、アイキャッチになる強いビジュアルに託しました。ふんだんに用いた♥は、ブランドコンセプトの「ラブリーに生きろ♥」から拝借していますが、このブランドの武器となり得るモチーフだと思いますね。

インテグレート ブランドサイト

時代に残るものになるために、ちょっとだけ飛ばしてみる

ポスターのほかにも、さまざまな展開を行いました。渋谷駅にはデジタルサイネージを設置。街を行き交う人々がサイネージに目を向けるほんの一瞬の間に「えっ!?」と思っていただけるように、ラッシュフライングカールを塗り重ねるにつれて、まつ毛が「ボンッ!」とボリューミーになっていく様子を表現しました。

渋谷・新宿を中心に都内を走るラッピングバスも展開。目撃した人の胸をときめかせ、思わず写真に撮りたくなるようなインパクトのあるデザインにしています。こういった強いビジュアルは、インテグレートだからこそできるというもの。常に攻めの姿勢を心がけています。

もちろんパッケージにもこだわっています。実はパッケージには毎シーズン異なるアイコンがついていて、今回は飛行機です。細かいデザイン一つをとっても可愛くしたいですし、パッケージやポスター、什器......すべてのディティールに凝りながら、女の子が好きなものを作っていきたいです。♥もセシルさんもどちらも可愛いので王道的なビジュアルは作りやすいのですが、だからこそ単純な可愛さにはしたくないという反骨心があります。

ラッピングバス
ラッピングバス

女性が女性であることを楽しめるように

ビジュアルコンセプトは「夏のセレブガール」

私は資生堂のアートディレクターでありながら、外部で作品を発表するアーティストとしても活動していますが、これからも資生堂のアートディレクターとしてできることはすべてやり尽くしたいと思っています。資生堂の仕事のなかで一貫して目指してきたのは、商品のイメージモデルとして起用しているセシルさんのような女性を、美しきミューズとして自信を持って世に表現すること。そこで独りよがりになるのはダメで、作り手も受け手も心の底から「可愛い!」と納得できるものを打ち出したいと思っています。いつも違うことに挑戦して、たとえ同じ商品であっても、「前回よりもパワーアップしている!」とお客さまに感じていただき、これからも女性が女性であることを楽しめるような表現を作っていきたいです。

インテグレート|資生堂

2014年 インテグレード ラッシュフライングカール ポスター
Credits
Shiseido Creative Division
Creative Director
竹内 祥記
Art Director
成田 久
Designer
竹田 美織
Producer
深井 さえ子
SHARE
このページの先頭へ