武蔵野美術大学と「サステナブルな美」をテーマに産学を活かした生活価値の提案に関する共同プロジェクトを開始

SHARE

活動指針である Crafting New Beauty とは、自分の感性を起点に、他者と共に発見するプロ セスを経て、生活の中の美の意味を再定義する、新たなデザイン活動を意味しています。
本プロジェクトでは、「サステナブルな美」をテーマに、当部のクリエイティブリサーチ/アプローチ/メソッドを応用しながら学生とクリエイターとの共同ワークを推進し、産学を活かした生活価値の提案を行います。
また、資生堂ウィンドウアートプロジェクト「銀座生態図」 と連携し、展示「後期」に研究成果を発表いたします。

武蔵野美術大学プレスリリース>>
武蔵野美術大学プロジェクト紹介>>
銀座生態図>>

SHARE
このページの先頭へ