東京大学と「先端アートデザイン社会連携研究部門」を開設

SHARE

2021年1月、資生堂クリエイティブ本部は東京大学に開設される「先端アートデザイン社会連携研究部門」に共同設立組織として名を連ねます。
この研究部門では、「人と自然と科学技術のあり方を包括的な視座から捉え直す」という理念を掲げ、資生堂を始めとする企業所属のデザイナーや研究員、東京大学の研究者、およびアートデザイン領域の第一線のプロフェッショナルが分野横断的な研究グループを組織し、多様な視点から生まれるアイデアを社会実装していくための最適解を探ります。
当部からは、エグゼクティブクリエイティブディレクター信藤洋二が「先端アートデザイン分野アドバイザー」として、プロダクトデザイナーの村岡明と長竹美咲が「協力研究員」として参画し、プロジェクトの発展に貢献していきます。

東京大学プレスリリース>>

 

SHARE
このページの先頭へ